借金 方法

借金する方法の種類とそれぞれのメリットやデメリット

手持ちのお金がないのに急にお金が必要になった、次の給料日までお金がないとなった場合には借金をする必要があります。
お金を借りる方法は様々ですが、それらにはそれぞれメリットやデメリットが存在しています。

まず第一に考えられるのが家族から借金することです。
最初から消費者金融や銀行カードローンなどを検討する人はなかなかいないものです。
お金を借りようと思った時に一番に思いつく相手が家族といえます。
家族から借金する一番のメリットは利息なしで借りられることです。
明確に借用書を用意することも少なく、返済日も明確ではありません。
ある程度の融通がきくことは大きなメリットとなります。
反対に癖になり何度も借金を繰り返したり、最悪の場合には踏み倒すことにもつながるのがデメリットです。
親であれば基本的に子供を見捨てることはできないため、子供は親の優しさに甘えてしまいがちです。
親からお金を借りるのであれば、しっかりと返済する気持ちを持つことが大切です。

次に交際相手からお金を借りる方法もあります。
交際相手に対して恥ずかしい行為かもしれませんが、本当に困った時には交際相手が頼りになるものです。
交際相手に頼むメリットとして、埋め合わせがしやすいことが挙げられます。
普段のデートで気遣いをみせたりサービスをすることで、利息分の気持ちを表すことも可能です。
お金をきっちりと返済した時には、感謝の気持ちを込めてちょっとしたプレゼントを渡してみるのもよいでしょう。
デメリットは完全に立場が低くなることです。
お金を借りることは少なからず相手に対して負い目があるものです。
当分の間はわがままを言うこともできず、たとえすべてを返済し終えたとしても、その立場が元に戻る保証はありません。

友達にお願いすることも一つの手段と言えます。
メリットは本当に信頼できる相手であればこっそりと借金ができることです。
本当に信頼し合っている友達であれば、お金を借りた事実を誰にも言わないように口止めすることもできます。
反対にデメリットとしては、どんなに強い信頼関係があっても友人関係が壊れる可能性があることです。
お金を借りることは友人との間にわずかながらでも溝が生まれるものです。友人に借りる場合には友人を失う覚悟で伝えるようにしましょう。

そして金融機関からの借り入れです。
家族や友人に借りられない、もしくはしたくない場合には、消費者金融や銀行のカードローンを利用することになるでしょう。
カードローンは保証人を必要としない金融商品であることから、契約や審査の段階で周りの人たちにキャッシングをしている事実がばれることはそれほどありません。
必要な時に必要なだけキャッシングすることができ、その用途を問わないことは大きなメリットと言えます。
限度額の範囲内であれば、いつでも必要な分だけお金を借りられます。
何に使う目的でお金を借りるのかも問われません。
消費者金融と聞くとあまりよいイメージを持たない人が多いかもしれませんが、カードローンはあくまでもサービスの一環です。
必要な範囲内で利用する分には特に問題はありません。
デメリットとして考えられることは、利息が発生することです。
消費者金融や銀行と取引きを行うことになるため、サービスを受けるためにはその対価として利息を支払う必要があります。
実際に借りた金額よりも高い金額を返さなければならない点は大きなデメリットとなります。

このように借金をする方法にはたくさんの方法がありますが、人間関係を壊さずに緊急でお金が必要な場合には、やはり消費者金融や銀行のカードローンなどが最適といえるでしょう。
お金を借りる行為は信頼関係がなければ成り立たないものであり、どのような方法を選ぶにしてもそれは変わりません。
友人や家族からお金を借りるのであれば、その信用にはく傷が付いてしまうものです。
消費者金融や銀行のカードローンを利用すると利息は発生してしまいますが、人間関係にかえられるものではありません。
どうしても利息分を支払うのがいやだという場合には、1か月間の無利息期間が適用されるものを選ぶと良いでしょう。
一時的にお金が足りないのであれば、次の給料で期間内に返済をすれば利息はかかりません。
このようにメリットが多い消費者金融のカードローンですが、申し込みの際には十分な注意が必要です。
いい加減に申し込みを行えば審査に落ちてお金を借りられなくなる可能性もあります。
申し込み内容は正確に正直に記載しましょう。
こうすることで審査がスムーズに行われたことにつながります。
また年収に対し融資希望額が高すぎると、審査が長引いたり場合によっては審査に落ちる可能性もあります。
融資希望金額は必要最小限にとどめることが大切です。
審査の過程で身分証明書などの提出を求められることになりますが、近年ではスマートフォンなどのカメラで撮影をして送信する方法も用いられています。
その際に名前や住所、顔写真などははっきりと映っていることを確認して提出することを心がけましょう。