未成年 借金する方法

未成年が借金する方法はあるの?

大人になるとお金に困る事って沢山ありますよね。
人付き合いや月々の支払いで、手元のお金が消えてしまう中で「もっと余裕があれば…」なんて思うでしょう。
しかし若者にもお金で悩む事は沢山あります。
年齢関係なく、まとまったお金が必要になったりお金に困る事はありますよね。

未成年や学生であっても、夢を叶えたり人を助けるために必要な時、お金が必要になる事はあでしょう。
しかし現在、未成年の若者が借金する方法というのはありません。
大手消費者金融は当然のこと、ヤミ金であっても利用条件は20歳以上と定められています。
まずカードローンというのは貸す側の金融会社と借りる側を契約を結ぶという事から始まります。
その「契約」は法律行為なのですが、未成年者が法律行為を行う事が許されないのです。
そのため未成年者がお金を借りるという事は出来ません。
とはいえ法定代理人による同意があれば、20歳未満の法律行為が認められるのです。
法定代理人というのは親権者という扱いなので、両親や保護者に内緒で借りたいという場合には法定代理人にお願いしたら借りられる可能性はあります。
しかし金融機関によっては、貸し付けを行わないケースもあるのです。
知識の乏しい未成年者に貸し付けても、踏み倒されるリスクがとても高いのです。
それに法定代理人の同意を得るというのはとても難しく手間がかかる事なので、苦労するでしょう。
その上で審査も行わなくてはいけないので、成人を迎えていて安定した収入を受け取っていない限りとても難しい事かもしれません。

ただ20歳未満であっても、結婚している場合は「みなし成人」として扱われます。
婚姻が成立している=社会的責任能力があるという事なので、法律上では成人呼ばれる事もあるでしょう。
とはいっても、金融機関では結婚していたとしても未成年の借金を認めたくないというのが本音かもしれません。
ですがマイカーローンや住宅ローンであれば、審査に通るか通らないかは別として申し込み自体は可能です。