無職 借金する方法

無職の人が借金する方法について

貸金業者が提供している個人向けキャッシングは簡単に借金できるというイメージを持たれていますが、実は借り入れ条件が設定されており、誰でも利用できるというわけではありません。
その借り入れ条件とはどの様なものかというと、20歳以上で安定した収入を得ているという内容です。
このために、未成年者や収入を持たない無職の人は対象から外れてしまいます。
ちなみに、この無職の中には専業主婦も含まれているので、貸金業者のキャッシングのほぼ大部分は専業主婦は利用する事が出来ません。
ただし借金する方法が何もないというわけではなく、銀行が提供しているキャッシングの中には無職の専業主婦でも利用できるものもあります。
これらの商品は、借り入れ限度額を一般の10分の1に制限する代わりに専業主婦も対象に含めるというもので、年金受給者なども利用する事が可能です。

一方、結婚していない無職の人で年金受給者でもない場合は、銀行のキャッシングの対象からも外れてしまいます。
この様な属性の人が借金する方法は、契約者貸し付けと総合支援資金の2種類が用意されています。

まず前者の契約者貸し付けは、生命保険の解約払戻金を担保にして保険会社からお金を借りるという方法で、キャッシングよりもかなり低金利なうえに無審査で利用できるというのが特徴です。
しかもスピーディーで、保険会社によっては翌日に融資が受けられるというケースがあります。
ちなみに、この方法のデメリットは金利が複利で設定されているので返済期間が長くなると負担が大きく成ってしまうということと返済できなくなると保険契約が失効してしまうことです。

次に後者の総合支援資金は、失業などにより日常生活が困難となった人を対象として自治体や社会福祉協議会などの公的な機関が資金の貸し付けと相談支援をセットで行うというもので、自立支援相談事業と一体となっているために生活再建全般を相談することが出来ます。
この方法のデメリットは融資が受けられるまでに1か月程度かかってしまうという事と、他の公的資金を受けている人や多重債務者は対象から外れるという事です。