借金 地獄

【借金地獄】底なし沼

年末になるとプロ野球選手が1億円の大台にのっただの、いくらアップした、いくらダウンしただのという契約が騒がれています。
実に羽振りの良い話です。
一流選手ほどの年俸ではありませんが、私は数千万円という借金を一瞬にして作ってしまった大馬鹿野郎です。

もともと私は会社経営を行っており、借金というものは個人でも会社でもありませんでした。
しかしあるタイミングで大きな借金を背負うことになりました。
ここで私は信じられない選択をします。
それは「ギャンブルでその借金を返そう」と考えたことです。
当時趣味での範囲で楽しんでいた競馬の調子が良く、思い切ってその流れで賭け金を増やしさえすればきっと上手くいくと真剣に考えたのです。
そして最初の月は80万円くらいプラス収支になりました。
それも今考えれば良くない方向へ行ってたのかもしれません。
あっという間にプラス分はなくなり、逆に80万円ほどマイナスになりました。

そこで私は消費者金融を頼りました。
年収が1000万円以上あった私は、まず300万円ほどの融資を即日でなんなくしてもらい、それをあっという間に溶かしてしまいました。
更に別の企業で50万円と、総量規制の範囲外である銀行系カードローンから300万円ほどの借り入れを行いました。
正直お金に狂っていました。

それらもあっという間に無くなり、クレジットカード現金化で何とか現金を捻出しました。
当時私は結婚もしていて、高級マンションにペットと住んで、月収100万円を稼ぐ経営者でした。
クレジットカードはプラチナやゴールドを並べ、社会的信用もそれなりにあった人間でした。
しかし、転落というのは一瞬であり、そのスピードも早かったです。

お金の問題で離婚を経験し、両親からは半分勘当状態となり、周りの知人らも去っていきました。
その時の私の心境は「地獄」でした。 しかしそうではなかったのです。
よっぽどお金に困っていた私はついに闇金融を頼りました。
結局借りることはなかったのですが、問い合わせをしただけで「キャンセル料を支払え」と職場に電話がかかってきました。
現状が底だと思っていましたが、そうではない。地獄は底なし沼だと感じた瞬間でした。